資格おすすめ!人気ランキング難易度一覧【就職転職】

宅建難易度は?試験日・受験費用情報【合格できる勉強法とは】

lec1
lec4lec5
osusumelec1
button-lec

宅建難易度どう?【試験概要と試験日程とは】

takken007

 まず基本!試験日程やその内容とは?

宅地建物取引主任者について調べている方ならもうご存知かとは思いますが、宅建の受験資格は制限がありません。

誰でも受験する事ができ、年齢や学歴、さらに国籍までも制限がないのです。大変人気のある資格ですが受験にあたっての学歴の制限などがないということは、誰にでも門が開かれているということですね。

試験は毎年1回で10月の第三日曜日になっています。試験会場は全国に設置されており、地域によって異なりますので、事前に試験会場を調べておきましょう。

試験の時間は120分。受験費用は7000円になっています。試験は四肢択一、50問の筆記試験です。

ただ、登録講習修了者は45題の出題になります。登録講習修了者とは国土交通大臣の受けた「登録講習期間」が行う講習を修了して、その修了試験に合格した日から3年間に以内に行われる試験を受ける人の事です。

この方々は5問の問題が免除されます。合格発表は受験した年の12月の第一水曜日の都道府県ごとに発表されるようになっています。

 宅建にどうやって申し込みするの?

申し込みは郵送かインターネットのみとなっております。

ではまずネット申し込みの方法から。こちらは宅建機構のホームページで申し込みします。受付期間毎年7月1日から7月15日ですが、この期間は年によって若干変動があるようですので、しっかりチェックして下さいね!

郵送の場合は、都道府県ごとに指定の場所が決まっています。そこで申込用紙が配布されているので、必要事項をしっかり記入して郵送するようになります。。

ここで注意していただきたいのが、郵送の場合は7月1日~7月31日が受付期間になっています。ネット申し込みと郵送と申込方法によって締切日が違うので間違えない様にして下さいね。

「はじめてなので詳細についてもっと知りたい!」
「ちょっと事務手続きでわからないことがある・・。」

・・・など不安な人もいらっしゃるかもしれませんが、試験地には問い合わせ専用の協力期間が設けられています。

不安なまま試験に臨むのではなく、試験の不明点などがある場合は都道府県の協力期間に問い合わせをして安心して試験を受けるようにしましょう。

やっぱ難しい?宅建資格試験難易度どれくらい?

takken001

たったの15%?本当に難しい?

宅建は様々な資格試験の中でもかなり難易度が高いと言われています。

そもそも国家資格ですから、ある程度難易度は高いものだという意識はあるものの、その中でも宅建は格段に試験問題が難解です・・。それは合格率にも現れております。

合格率は驚きの15%!!

1年間で20万人近い方が宅建資格を受けているといわれる現在、この合格率の数字からも宅建の難しさを推し量る事が出来ると思います。

さて、このように『難しい難しい』と言われる宅地建物取引主任者の資格ですが本当に、ほんとーーに難しいのでしょうか?

実は難しいというウワサや落ちた人の愚痴がや口コミがネットなどに蔓延しているだけで実際はそんなに難しくないのでは…?

と思っている私みたいな方もいるのではないでしょうか。つまりですね、私がこう思った理由は宅建の合格基準からなのです。

どこかのページですでにお話したかと思いますが、宅建の合格基準は全50問の出題中、35問を正解出来れば良いのです。つまり、15問は間違ってもOKという事。

このように考えてみると『難しい』『難関だ!』なんて言われている宅建資格も簡単な様に思えてきませんか?

さて、いったい何が真実なのか?結論は・・・・

『やっぱ難しい!』

なぜならその合格率は15%。

15問間違えても良いんですよ?それなにも関わらずこんなにも合格率が低いという事は、出題される問題がかなり難しいという事・・。

ではそんな難関の宅建にどうすれば受かるのか?というと。。。

試験難易度を下げる?!勉強法でこんなに変わる!

難易度の高い宅建資格。ただやみくもに勉強したのでは合格は難しいでしょう。そこである勉強法を試してみてほしいのです。

それは、『35点を取る勉強法』!

35点だけ取ればいいんです。34点ではダメですが、50点満点は目指さなくていんです。

たぶん多くの方は、出題範囲を万遍なくみっちりと勉強していることでしょう。そしてどのような問題が出ても全て完璧に答えられるようにコツコツ守備範囲を広げているのではないでしょうか。

もちろんこれが正攻法です。それはそうなのですが、宅建は50点とっても35点とっても合格なんです。

ですから得意分野の項目をシッカリと頭にいれて、そこだけは何が何でも間違わないようにして35点を目指すこと。

50点満点を目指すのではなく取捨選択をして35点完璧に落とさず取るような学習のほうが成功率は高くなるのではないでしょうか。

LEC宅建の合格者数・合格率はどうなのか?

takken003

口コミで評判の良いLEC宅建試験!

さて、宅建の難易度はよくお分かりいただけたと思いますが、宅建資格講座で口コミ評判の良いLECの合格率についてこちらで詳しくチェックしていきましょう。

LECといえばテキスト・講師陣・講座スケジュールなど全てにおいて優れていると言われています。

ですがちょっとイジワルな見方をするとですね、こういった中身がどれだけ素晴らしく他と比較して優れていたとしても、肝心の合格率が悪ければ全くもって意味がないのですよ。

で、LEC宅建の合格率はどれくらいなのか・・・・。

ごめんなさい、色々調べてみたのですが、残念な事にLEC宅建講座の合格率や合格者数・合格実績は明らかにされていませんでした。

こういった資格学校って合格率などの数字で集客に繋がるのではないのでしょうか?この数字を出していない・・いや、出す事ができない?のではないかしら・・。

ということは「LEC宅建の合格率ってぶっちゃけ低いんじゃないの?!」・・・と思ったので、今度は様々なサイトの口コミで色々と調べてみました。

・・が、ほとんど良い評判しかありません!

・・・ステマでしょうか?

そういうのも一部はあるかもしれませんが、でも多くの方が「他の学校で落ちてLEC宅建で勉強しなおしたら余裕で合格した!」とか、「△△専門学校に通っていたAさんは落ちてLEC通信講座で勉強した同じくらいの学力のBさんは合格した。」などといった事を言っているのです。

もしかしたらLECとしては合格率云々はあまり大したことじゃないので公表していないのでしょうか。

なぜなら、評判と言うのは会社が公式サイトに出す数字よりも、実際にこの講座を受けていたことのある生徒の声のほうが影響力が大きいと考えられるからです。

具体的にどういうことかというと

LEC公式で「合格率90%」と公表されているが、口コミでの評判が最悪なら?もし口コミで

「LECの講師よくなかった。」
「こんなところ入らないほうが良い。」

っていわれていたら…?

きっとこういった口コミを見たらLECに申し込むのを止める人が大半なのではないでしょうか?

逆に現在のように、LECが合格率や合格者数を公表していなくても、

「LECで一年間みっちりがんばって合格した!」
「講師の質が良くとても丁寧、LECで繰り返しやった問題がそのまま出た!」

・・・など、口コミでの評判が良ければ合格率が公表されていない事も気にならず申し込みをしますよね。

実際にLEC宅建士公式ホームページの合格者の声というページをみてみると、LEC講座を受講して試験に合格した方の合格にいたるまでの体験談や貴重なノウハウなどが沢山紹介されています。

合格率を公表している資格学校もありますが、内容で比べたらLECが圧倒的なので、優れた学習状況を優先する事をお勧めします。

宅建の基本と難易度のまとめ

takken009

いかがでしたでしょうか?

宅建の試験基本情報をまとめると、

毎年1回で10月の第三日曜日

試験の時間は120分

受験費用は7000円

試験は四肢択一、50問の筆記試験

合格発表は受験した年の12月の第一水曜日

合格率は驚きの15%

となります。

宅建講座として実力のあるLECの公式HPで、実際に合格した方の体験談や合格までの道のりについて読んで参考にしてみるといいと思います!

lec1
lec4lec5
osusumelec1
button-lec

資格おすすめ!人気ランキング難易度一覧【就職転職】 > 宅建講座 > 宅建難易度は?試験日・受験費用情報【合格できる勉強法とは】

関連記事

  1. 宅地建物取引主任者試験の試験内容とは?【合格対策まとめ】
  2. LEC宅建講座の過去問なぜ人気?【失敗しないテキストとは?】
  3. 宅建資格目指す人の疑問に答えるQ&A【よくある質問はこちら】
  4. 宅地建物取引主任者資格試験の概要【教育訓練給付制度とは?】
  5. 宅建の資格試験に合格する勉強法とは?【おすすめ通信講座】
  6. LEC宅建通学講座はなぜ合格者が多いのか?【最終模試圧巻?】
  7. 宅建通信講座おすすめ?【LECの2ch口コミ評判とは?】
  8. LEC宅建講座口コミは?割引あり【講師評判が良いって本当?】

トラックバックURL

http://www.shikaku-matome.com/%e5%ae%85%e5%bb%ba%e9%9b%a3%e6%98%93%e5%ba%a6/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)