資格おすすめ!人気ランキング難易度一覧【就職転職】

宅地建物取引主任者試験の試験内容とは?【合格対策まとめ】

lec1
lec4lec5
osusumelec1
button-lec

宅地建物取引主任者の試験内容【その1】

af9980023395
宅地建物取引主任者というと、不動算の基本的な知識や取引についてを学ぶ資格だと思われている方が多いかもしれませんが、宅地建物取引主任者の試験には、宅建業法の他に、権利、法令上の制限、税その他について幅広く学ぶ必要があります

土地および建物の権利、権利の変動

◆民法
民法は市民生活に直結した法律ですので、民法を制すものは宅地建物取引主任者を制すといっても過言ではありません。
民法を理解していないと、他の法律の理解も浅くなってしまいますので、しっかりと理解することが大切です。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

◆不動産登記法
不動産登記に関する手続を定めた法律です。
解説を熟読し、繰り返し解くことでマスター出来るようになるでしょう。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

◆借地借家法
建物の所有を目的とする地上権・土地賃貸借と、建物の賃貸借について定めた特別法です。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

◆区分所有法
マンションの一室のように、一棟の建物の一部を独立した所有権の対象とすることが出来ると定め、その利害関係について定めた法律が区分所有法です。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

土地および建物の法令上の制限

◆開発行為
建築物の建築又は、特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更のことを指し、原則として、日本全国の全ての区域で開発許可は必要とされています。

========

◆国土利用計画法
国土を総合的かつ計画的に利用するための法律です。

========

◆都市計画法
都市の健全な発展、福祉の増進に寄与すること等を目的とする法律です。
内容も名前も同じような単語ばかり出てきますので、語呂合わせなどで効率よく覚えていくようにしましょう。

========

◆建築基準法
国民の生命・健康・財産の保護のため、建築物の敷地・設備・構造・用途についてその最低基準を定めた法律です。
繰り返しテキストや過去問をこなしていけば、理解するに度し難くはありません。

========

◆宅地造成等規制法
宅地造成に伴う崖崩れや土砂の流出の可能性がある土地の区域内(宅地造成工事規制区域)において、宅地造成に伴う災害を防止する目的のため定められた法律で、宅地造成に関する工事等についての規制が定められています。(宅地造成工事規制区域の指定権者は都道府県知事です。)

◆土地区画整理法
土地区画整理事業について定める法律で、土地区画整理士には、事業の推進について中心的な役割を担うこと期待されています。
覚えることが多い半面、出題数は1問程度ですので、捨ててしまうという方もいるかもしれませんが、土地区画整理法を完璧にマスターしておけば、確実に1点を拾えるチャンスとも言えます。

========

◆農地法
耕作者の農地取得を促進すると共に権利を保護し、土地の農業上の効率的な利用を図ることで、耕作者の地位の安定と農業生産力の増進とを図ることを目的として制定された法律です。
農地法では、登記簿上の地目とは関係なく事実状態で判断されるため、登記簿上で山林とされていても、現状が農地であれば、農地と判断されます。

========

土地および建物の税に関する法令

●登録免許税法
登記、登録、特許、免許、許可、認可、認定、指定及び技能証明について課す登録免許税について定められた法律です。
簡単に要約すると、登記を行う際に課される税金のことを登録免許税と言います。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

●印紙税法
印紙税とは、不動産取引によって作成された契約書や領収証等の文書に対して、その文書作成者に課される税金のことを指します。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

●所得税法
個人の所得に対する課せられる税金のことで、宅地建物取引主任者試験では、不動産を譲渡した際に生じる譲渡所得が出題されます。
宅地建物取引主任者試験では、出題されない年はないためマスターすることが望ましいのですが、完璧にマスターするためにば膨大な時間と労力が必要となることから、所得税法に関しては最低限の知識を得るようにし、その分他の学習に充てることが効率的かもしれません。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

●不動産取得税
土地や家屋を購入あるいは、家屋を建築する等を行い、不動産の所有権を取得した場合に課される税金のことを指し、宅地建物取引主任者試験では、固定資産税のいずれかが出題されることとなります。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

●固定資産税
固定資産(土地、家屋、償却資産)を所有している場合に課される税金のことで、固定資産を取得した翌年度から、所有し続ける限り毎年課税されます。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

●地価税法
一定の土地等を有する個人及び法人を納税義務者として課される税金で、1980年代の過剰な土地投機取引による地価高騰を抑制する目的が導入されたのですが、バブル崩壊後は地価の急激な上昇はないという見込みから1998年度より、地価税は当分の間は課せられないとされています。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

土地および建物の価格評定

●不動産の鑑定評価基準
不動産鑑定評価基準とは、不動産鑑定士が不動産の鑑定評価を行う際の基準でとして活用されるものを意味します。
宅地建物取引主任者試験では、地価公示法のいずれかが出題されることとなります。
また問題文が長文のため、一見難問かのように思われるかもしれませんが、要点を捉えれば難しくはありませんので、焦らずしっかりと文章を読み解きましょう。

========

●地価公示法
売主、買主共に公平に売買することが出来るよう、客観的な市場価格を正常価格として定期的に公示することを地価公示と呼びます。

========

宅地建物取引業法及び同法の関係法令

●宅地建物取引業法
業務の適正な運営と宅地や建物取引の公正の確保、宅地建物取引業の健全な発達の促進、購入者等の利益の保護と宅地や建物の流通の円滑化を目的として定められた法律です。

─┘─┘─┘─┘─┘─┘

終わりに・・

b4531233b250804f287b9a062c243f73_s

いかがでしたか?

宅地建物取引主任者資格は年齢・学歴などの受験資格もありませんので、誰でも目指すことのできる資格です。

また、宅建資格合格者の12歳から90歳までの幅広い年齢の方が合格していますので、比較的取得しやすい資格ではないでしょうか。

宅建試験は問題数の7割以上正解であれば合格できます。

自分に合った勉強法で効率的に学習をすすめればあなたもきっと合格できますので、ぜひ挑戦してみましょう!

lec1
lec4lec5
osusumelec1
button-lec

資格おすすめ!人気ランキング難易度一覧【就職転職】 > 宅建講座 > 宅地建物取引主任者試験の試験内容とは?【合格対策まとめ】

関連記事

  1. LEC宅建講座の過去問なぜ人気?【失敗しないテキストとは?】
  2. 宅建資格目指す人の疑問に答えるQ&A【よくある質問はこちら】
  3. 宅地建物取引主任者資格試験の概要【教育訓練給付制度とは?】
  4. 宅建の資格試験に合格する勉強法とは?【おすすめ通信講座】
  5. LEC宅建通学講座はなぜ合格者が多いのか?【最終模試圧巻?】
  6. 宅建通信講座おすすめ?【LECの2ch口コミ評判とは?】
  7. 宅建難易度は?試験日・受験費用情報【合格できる勉強法とは】
  8. LEC宅建講座口コミは?割引あり【講師評判が良いって本当?】